上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間だって!

いつも元気な次男が

一昨日の夜に久しぶりに発熱して

お腹も痛いって一杯泣いて。



かかりつけのお医者様に。



『風邪の症状もないしね。

地震があったりで落ち着かないから疲れが出てるのかな』





やっぱり。



一日で熱は落ち着いて

少しずつ食欲も戻ってきて。


安心したけど

母は深く反省。


子供たちの前では

見せないようにしていたけど

色々な情報を片っ端から調べて

過敏になり

ピリピリしていた。


敏感な次男に

私の不安が伝わってしまったのだ。



お膝にのせて

しばらくの間は

色々我慢しなくてはいけないこともあるけど

気を付けて

笑って過ごしていれば

絶対に大丈夫だということ。

○○は産まれた時から

本当に丈夫な子でね・・・


と安心していて大丈夫

ということを

ゆっくりと伝えた。



うんうん

といたずらしながら聞いていたが



そのうち私の膝からジャンプして

鼻歌交じりに

大好きなレゴを始めた。




私にもここ2~3日雲に覆われていて

見失っていた青空が

根拠はないけど

絶対的な安心感

という感覚が戻ってきた。



中心が変化すると

受け取る情報も変わる。


今日はこんな記事をみつけた。





  
【チェルノブイリで放射線を食べる菌が見つかる】
(Black Fungus Found in Chernobyl Eats Harmful Radiation)

 その菌はチェルノブイリ原子炉の壁に育っているのを、ロボットによって回収されたもので、なんとあの、有害な放射線を食べて成長するのだそうだ。彼らは生き残るために、放射線を食べることを選んだのだ。
回収された菌は3種類あって、どの菌も豊富にメラニン色素を含んでおり、その表面を紫外線から守っていた。
 科学者は3種類の菌である実験を行った。通常、植物は葉緑素によって光エネルギーを吸収して成長する。実験では回収した菌に日光の代わりに、有害な放射線を与えた。すると菌たちは驚くことにこれらを吸収し、成長していったのだという。

 科学者たちは、「この発見は宇宙技術の前進に大いに役立つことになる。宇宙は有害な放射線で溢れているため、メカニズムさえ解明できれば菌を無尽蔵の食料として食べることができ、そして他の惑星に移住する際にも頼ることが可能かもしれない」と話しているそうだ。

 




環境がかわると進化していく生物たちのたくましさに

希望をもらった。


そして同じ地球という星にいる

私たち人間だって

日々進化している。



だからきっと


大丈夫


大丈夫


大丈夫。





















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tatalbalance22.blog41.fc2.com/tb.php/51-51847865

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。